お問合わせはこちら

不同沈下と地盤沈下

不同沈下とは

不同沈下とは建物が不揃いに沈下を起こすことを言います。 家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状態のことです。 不同沈下が起こると、建物に大きなダメージを与えます。

建物にダメージを与える不同沈下

地盤の沈下が起こっていても、建物やその周辺の一帯が均一に沈下していた場合、建物にはほとんど影響が出ないため、床が傾いている場合などと違って気付かずに過ごしてしまうことがあると思います。
しかし、沈下が水平・均一でなければ、建物の傾きが発生します。家は垂直であることを前提として作られているので、傾きはじめると色々な弊害が発生します。部分的に荷重がかかり始めるので、家を支える構造材に負荷がかかり、家自体の寿命にも影響します。建てて1年もしないのに扉の閉まりが良くない、というような場合は沈下が起こっている可能性があります。気になる方は是非当社にご相談ください。

不同沈下が起こりやすい地盤構造

軟弱地盤上では不同沈下が起こりやすいと言えます。
住宅の重量に対して、家の基礎と地盤が接地している面では、下に向かってかかる建物の荷重と、それを支える地面の反発力(地耐力)が働いています。家の荷重の方が大きければ、当然ながら地耐力が足りず沈下が始まりますので、これを軟弱地盤と呼びます。
地耐力の方が大きければ、この土地は良好なものとして、長い期間家を支えてくれるでしょう。
家を建てる際は、地盤の良し悪しが非常に重要です。いかに良い建物でも地盤が弱ければ様々な問題が発生します。家を建てる際は地盤の強弱を確認しましょう。

不同沈下の発生原因

荷重が偏っているケース
荷重の分布が均等でなくバランスが悪い家を軟弱地盤の上に建ててしまうと、不同沈下につながる可能性があります。荷重は均等に分散する方法がありますが、それが不十分で特定の箇所に集中するとその部分だけが急激に沈下を始めます。これはつまり家が傾いていくということです。 商業地区などで大きな施設やビルが建てば、荷重バランスが変わってしまい、重い方に傾きはじめることも考えられます。近隣にビルが建つときなどには注意をした方が良いかもしれません。
切り土・盛土があるケース
山や丘の造成に際しては、まず山側の切り土を行い、その土砂を谷側に盛り土するというのが一般的です。ですから、一般の方にはわかりませんが、同じ敷地内に切り土による部分と盛り土による部分が混在している可能性があります。 もし住宅がこの両方にまたがって建てられた場合、不同沈下が起こりやすくなります。 切り土の部分は元々あった地盤を削っただけなので固く締まっていても、盛り土の部分は粘土分が含まれていたり、ガラが混じっていたりすることが考えられます。 この場合は十分な締固めも出来ないため、雨水などの影響で地盤に隙間ができやすくなっています。
地層の傾斜・軟弱層の厚さが異なる場合
地層に傾斜があったり、軟弱地盤と硬質地盤が混在するような変化が多い地形に家が建てられた場合、その下の軟弱層の厚さが不均一であることもあり得ます。軟弱層が厚い部分が沈下量が大きく、薄いほうは小さくなるので、これは不同沈下がおきやすい状況と言えます。
瓦礫で盛土をしているケース
瓦礫を使って盛り土を行っているような時には、雨水が浸透することで瓦礫の隙間に土砂が流入し、沈下が起こりやすくなります。 また、十分な締固めが行われていなければ、瓦礫が動くことによる沈下が起こる可能性もあります。
雨水や地下水が土を動かすケース
雨水、地下水は地盤の中に浸透しながら、その流れによって土を動かす作用があります。地表の土も地下に向かって流れて行きます。
埋土・盛土の締固めが不十分なケース
樹木を抜いた跡、防空壕の跡、ゴミ捨て場、池や吸込み跡などを埋土した場所や、車庫、擁壁、地下室などがあった場所を埋め戻した際、締固めをきちんと行っていないと、「瓦礫で盛り土しているケース」「雨水や地下水が土を動かすケース」のように土地の沈下が起こることがあります。