お問合わせはこちら

地盤沈下の原因

地盤沈下の原因

一般的に「地盤沈下の原因」と聞くと、地震によって引き起こされるものとお考えの方が多いかもしれません。
しかし、その原因は自然由来のものから人為的なものまで幅広く、沈下の程度も大小様々です。そして、一見気づかないレベルの地盤沈下でも、放置しておくと壁やタイルに亀裂が発生したり、窓の開閉に不都合が生じたりすることがあります。

また、問題は建物だけに留まらず、傾きが原因で眩暈や頭痛など身体の不調にも影響を及ぼすことも。地盤沈下は決して珍しい現象ではありません。少しでも気になることがあれば出来るだけ早めに住居の状態を知り、それぞれの原因に合わせて適切な工法を選択し、早めに対処することが必要です。

地盤沈下の種類

液状化現象

地盤に砂と水が多いと起こりやすいのが「液状化現象」です。田んぼや沼地、または、干拓地や埋立地によく発生します。
大規模な地震発生直後にニュースなどで話題になることからご存じの方も多いかもしれません。地震などで地面が揺れた際、水が多く含まれている土地では、土の中の水分が浮き、砂と水が分離。地盤に含まれている水分が流れることで、表面の地盤が泥水のようになるというメカニズムです。

さらに、地表が土の重みに耐えられなくなった場合には下の空洞が崩れ、地盤沈下が起こります。国土交通省では液状化のリスクのある地域をハザードマップで公表しているので、該当する土地の状況を把握しておきましょう。

過剰揚水による地下水の空洞化

地下水を過剰にくみ上げたことが原因で起こるタイプの地盤沈下です。
粘土層に溜まっている地下水をくみ上げすぎると、水位が低下し、空洞状態となります。水はクッションの役割を果たす役割があるので、無くなると地盤が建物の重さに耐えきれず沈下してしまうのです。
ほとんどの過剰揚水は、工業用水のための取水が原因となります。
また、近隣の土地開発などで、地下水の流れが変わることも要因として考えられます。一般的な井戸水のくみ上げなどで問題が発生することはほとんどありません。

環境に由来する不等(不同)沈下

全体的に建物が沈んでいき、傾きの起こらない地盤沈下を「等沈下」と呼びます。それに対して傾きを伴う地盤沈下が「不等沈下」です。
特定箇所に負荷が集中することから、建築構造に大きなダメージを及ぼします。特に谷底平野や以前に河の通り道だったところなど自然に形成された軟弱地盤に起こりやすい傾向にあります。

不同沈下の詳細へ

盛土・造成など人為的な不等(不同)沈下

盛土・造成に不備があると人為的な不等沈下の原因になります。
たとえば、盛土をする際に少しずつ土を固めていく作業を怠り、一気に盛土をした場合は地盤が軟弱になります。精度の悪い造成作業も同様です。ほかにも、山間に建築をする際、山側と盛土をした斜面部分の両方に建築物がまたがっていると、不均等に圧がかかるので不等沈下になりやすい傾向にあります。
さらに、盛土をする際にごみなどのガラをそのまま放置するといった悪質なケースも報告されています。
不等沈下の初期症状は「建物に亀裂が生じている」「扉の開閉がうまくいかなくなった」などです。建物の傾きは健康被害に繋がることもあるので、少しでも気になることがあれば是非早めの相談をおすすめします。

不同沈下の詳細へ

隣地の建築工事など

十分な対策をせずに近隣の土地を掘り返すことで、地盤が弱くなってしまうケースがあります。原因として多いのが近隣の建築工事です。
本来は周辺の地面に影響が及ばないように土留めの工事を行わなければいけません。
しかし、地盤の状況によっては土留めをできないこともあり、注意して掘削工事を行わないと土が流れ出してしまい、地盤沈下に繋がることがあります。

被害にあってしまった場合の対処

地盤沈下によって家が傾いてしまった場合、家の基礎を持ち上げる修正工事を行う必要があります。しかし、適切な工事を行わなければ、3年とかからずに再度地盤が沈下するということもあり得ます。
私たちアップハウスは、創業から10,000件を超える沈下修正工事を行ってきた実績があります。その件数の中で1件だけ再沈下が起こった案件がありますが、これは事前の調査で再沈下が起こる可能性が高いことをお客様に説明した上で、それでも工事をしたいというご希望をいただいて行ったものです。
これを除いて、私たちは再沈下を一度も起こしておりません。そのため「99.99%再沈下しない」という表記を行っています。
沈下の被害に遭ってしまった方は、確かな実績を持つ当社にご相談ください。

近年増加している工事後の再沈下

千葉県浦安市の複数の沈下修正工事について、あるNPO法人が再沈下が起こっていないかどうかの調査を行いました。驚くべきことに総数130件のうち、再沈下が起こっていないのはわずか9件という結果が出ました。
これほどに不適切な工事が世の中に横行している、ということを示すデータです。
最近、安さだけをアピールする工事業者が増えていますので、依頼を検討されている方は御注意下さい。沈下した家を持ち上げるには、確かな技術と丁寧な工事が必要です。
当社は10,000件を超える工事実績と99.99%の成功率を誇っていますが、万が一に備えて10年間の保証期間を無償でつけています。